今年の乾燥は酷すぎるので、加湿器を買いました。
【関連記事】BALMUDA The Toaster

過度な乾燥 = 体調不良の原因

近年に建築された建物は、一般的に気密性が非常に高い造りになっています。我が家のようなマンションの場合、大抵は鉄筋コンクリート造という構造で建てられており、建物が出来てから数年間はコンクリート等が持つ水分によって室内の湿度は比較的高いものの、それ以降は中々湿度が上がらない事が多くあります。

人間が快適で健康的に暮らせる湿度は、40~60%と言われており、40%を下回ると肌の乾燥を感じるだけでなくインフルエンザウイルスが活性化するなどの問題が出てきます。反面、60%を超える湿度を維持した場合、ダニやカビといった別の問題が発生するため、特にこの季節の湿度コントロールは結構難しい問題で悩んでいる人も多いと思います。

我が家でもベッドルームにおいては過去に加湿しすぎてカビが発生したり、逆に加湿し過ぎないですぐ風邪をひいたりした経験があります。今年も湿度が低すぎて肌荒れが酷く、一家全員が見事に風邪をひいて未だに治りきっていません。

我が家の加湿状況

我が家の間取りは4LDKですが、実質的にはリビングルームとベッドルームしか使用していないので、加湿器はその2つの部屋に配備されています。

リビングルームは、冬季間は朝から晩まで暖房を入れており、面積もそれなりにあるので加湿能力も高い物が必要になります。その為、適用床面積が約20畳あり、風量「中」で600mL/h加湿する加湿空気清浄機 シャープ KI-EX75(価格.com)を配置しています。
ベッドルームには、適用床面積が約11畳、風量「中」で330mL/h加湿する加湿空気清浄機 シャープ KC-E40を配置しています。

但し、どちらも風量は「自動」に設定しているため、実際どの程度の加湿量で運転されているかはわかりません。普段あまりうるさくないところを見ると、「静音」に近いモードで運転されていると推測しています。
これの意味するところは、加湿空気清浄機のセンサー上では室内の湿度は約60%に保たれており、それ以上の加湿の必要は無いと機械が判断しているという事です。

しかし、ベッドルームの乾燥が酷い

加湿専用機の必要性

昨年の冬にも感じていましたが、今年は特にベッドルームの乾燥が酷く、それまで使用していた加湿空気清浄機のセンサー性能に疑問を持つようになりました。
わざわざ精度の高い湿度計を設置し、加湿量をマニュアルで管理する事はほぼ不可能なので、全自動で私や嫁が快適で適切だと感じる湿度にまで上げたいと考えました。

一度風量を手動で「強」にして運用したものの、湿度よりも運転音が気になって眠れなかったので、加湿専用機と加湿空気清浄機を併用をすることで、適度な湿度コントロールを行おうと言うのが今回の趣旨となります。

最適な加湿器の選定

名称未設定 1
(出典 : 加湿.net

今回の選定にあたっては、様々なバイアスがかかるレビューブログなどは参考にせず、ほぼ加湿.netの情報を基にしています。

最も重要視したのはランニングコストで、この時点で気化式か水噴霧式(超音波式)の2択となります。

必要な加湿量の計算については、Panasonicのサイトに一般住宅向けの加湿量計算ができるページがあるので、そこでおおよそ400mL/h必要だとわかりました。但し、加湿空気清浄機を導入するのであれば、加湿専用機の能力は300mL/h程度で良いかもしれません。

ベッドルームで使用するので大体21時~翌8時の11時間稼働するため、タンク容量が4~5Lくらいのモノで無ければ頻繁な給水が必要となると思います。

また、メンテナンスやお手入れが容易である事が嫁からリクエストされています。これまで使用してきたシャープ製加湿空気清浄機での経験から、給水のし易さ、在水量の確認のし易さ、フィルター掃除のし易さは特に気にしているようです。

最終的に選定されたのが、コレ

BALMUDA Rain ERN-1100UA-WK

最終選考まで残ったのが、cado STEM 620Panasonic FE-KXR07、そしてBALMUDA Rainでした。この3機種を中心に家電量販店で運転音の確認などを行った結果、総合力でBALMUDA Rainが優れていると判断しました。

ちなみに、お値段は約5万円と加湿専用機とは思えない価格ですが、ヨドバシポイントを全て吐き出して半額以下で購入する事ができました。
DSC_2390
早速開封して組み立てます。組み立ては説明書通りにやれば困ることは無いと思いますが、説明書の書き方が微妙な部分もあるので、よく読んで理解してから組み立てる事をお勧めします。
組み立てた本体は想像以上に大きいですが、cadoの様にどこに置けば良いのかわからないという程でもありません。
DSC_2394

ベッドルームに設置してみた

我が家のベッドルームは、セミダブルサイズのベットが2つ並んでおり、衣装棚も置いているので余分なスペースが全くありません。BALMUDA Rainの設置場所としては、衣装棚の上にあるテレビを退けるか、窓下を片付けるかの二択ですが、テレビが無くなるのは辛いので後者を片付けて選択しました。
DSC_2405
本来であれば、加湿器の設置箇所として窓際は適切ではありませんが、我が家はこの加湿器の導入に併せて写真にも写っているウインドウラジエーターを導入したので、それほど大きな問題にはならないと考えました。

設置した結果どうだったかについては、ページ下部に記載しているので、性能の話等々に興味が無い場合はスーッと下の方まで行ってみてください。
ウインドウラジエーターについては、その効果も併せて後日記事化する予定です。現時点では、想定通り結露の問題はあまり気になりません。

洗練されたBALMUDA Rainのデザインと性能

まるで壺の様な本体デザインには賛否があると思いますが、個人的にはどんな部屋にあっても独特の存在感を放ちつつ、不思議と変な感じがしない絶妙なデザインだと思っています。

有機ELディスプレイは、表示されるメニューのデザインが非常にわかりやすく整理されており、見ると瞬時に機器の状態を理解できます。
DSC_2496
そしてコントロールリングによる直感的な操作は、これまでに無い革新的な方法だと思います。コントロールリングによる操作は、3歳の息子でも一発で理解できるほど簡単で、Rain導入後の風量調整は息子の仕事となりました。
DSC_2411
BALMUDA Rainの加湿方式は、気化式です。そのため、消費電力が少なく、仮に毎日中程度の負荷(15W)で11時間運転した場合の電気代は、1か月で150円程度となります。

運転モード別の加湿能力は、風量1(150mL/h)、風量2(250mL/h)、風量3(400mL/h)、風量4(500mL/h)、風量5(600mL/h)となりますが、運転音の関係から就寝時に使用できるのはせいぜい風量3(400mL/h)まででしょう。

特殊な形状から給水量が心配になりますが、実物は想像よりもかなり大きく、それもあってタンク容量は4.2Lを確保しています。

BALMUDA Rainは、空気を取り込むプレフィルターに特殊なコーティングをすることで、一応空気清浄機能が付加されています。
名称未設定 1
(出典 : BALMUDA Rain

BALMUDA Rainの特徴の1つが、優れたメンテナンス性です。何より凄いのが、本体上部から直接水を注ぎ入れる給水方法で、最初は有機ELディスプレイ部にトトトッと水を入れるのは非常に抵抗感がありました。

しかし、満水にすると大人でも重たいと感じる給水タンク方式と違い、息子でも2L程度のペットボトルやケトルでの給水が可能な事から、今では給水に関しても息子の仕事になっています。(派手に入れると水が飛び散るので、3歳児がやる時は注意が必要です。)
IMG_3431
注ぎ込まれた水が溜まる給水ボウルは、簡単に取り外して丸洗いが可能なので、通常の給水タンク方式より確実に洗浄する事が可能です。各種フィルターに関しては、シャープ製加湿空気清浄機と同様に年に1回の交換が必要ですが、価格的に大きく負担が増える事はありません。
名称未設定 2
(出典 : BALMUDA Rain

WiFiによって外出先からの操作も可能

BALMUDA Rainは、バルミューダ謹製のUniAutoアプリから電源のオン/オフ、設定温度の変更など、基本的な操作は全て可能となっています。

自宅のWiFi網に接続するのにやや苦労しましたが、なんとかシステムに組み込むことができました。この辺の設定はもう少し簡易的ななれば良いと思います。宅内WiFiでも違うアクセスポイントに接続している時は操作ができない問題があり、目下それのクリアとAmazon AlexaないしGoogle Homeでの操作を可能にする方法を探しています。
Screenshot_20181118-113132
外出先やリビングなどから電源のON/OFFが可能なのは、本当に便利で一度使うと止められません。事前に部屋の湿度を確認し、特に乾燥が酷い時はAUTOないし風量5にして運転させておくと、いざ就寝する時には快適な湿度になっています。
Screenshot_20181118-113342 Screenshot_20181204-163735
(別日のスクショ。右側は雨の日なので湿度が高くなっています。)

また、アプリからは電気料金の目安の確認もできます。先程書いたように、BALMUDA Rainは気化式なので電気代はあまり心配する事はありませんが、どの程度稼働したかの目安になるので見ていて結構楽しいと思います。

ちなみに、我が家は11月半ばから稼働していますが、半月弱で20円との表示でした。当初の想定より電気代はかからないみたいです。
Screenshot_20181204-163811

BALMUDA Rainの効果はいかに!!!

BALMUDA Rainを導入して約半月の間、幾つかのパターンを試してみました。元々加湿空気清浄機と併用する予定で実際数日間その様にしていましたが、Rain単体で稼働するのはあまり差があるようには感じませんでしたので、現在ではRain単体を風量3固定で運用しています。

AUTOにしていない理由は、夜中に風量が4や5になってしまい、うるさくて起きてしまった日が続いたためです。風量2だと湿度40%ギリギリなので、概ね湿度50~60%を維持できる風量3に落ち着きました。

BALMUDA Rainは、目に見える水蒸気を放出しているわけではないので、湿度が高くなりそうな雰囲気は全くしません。というか、これは他の気化式にも言えますが、正直Rainを最大風量で動かしても加湿されている感は全くありません
ただ、肌荒れは確実に良くなっているし、朝起きた時に喉が痛い事も無くなったので、明らかに加湿空気清浄機だけに頼っていた時よりは快適な環境を手に入れています。

BALMUDAである必要はあるか!?

加湿性能だけで見れば、おそらく他社の同等性能の製品と大きな差は無いでしょう。例えば、最終選考まで残ったPanasonic FE-KXR07は、記事作成時点で約2万円ちょっととRain対比半額以下で購入できます。

つまり、加湿性能自体ではBALMUDAである必然性は無く、デザインや優れたメンテナンス性などの付加機能にどれだけ価値を見いだせるかによります。

この価格差にどう折り合いつけるかは、「あなた次第」としか言えません。安い物では無いので他のレビュー系ブログの様に積極的にオススメする事はできませんが、購入して損をしたと思う製品ではありません