息子は生後8ヶ月以降、月に1度高熱が出るようになりました。

息子が風邪をひくと起こる問題

子どもが病気になると途端に負の連鎖が始まります。
  • 息子が寝込む
    ▶ いつでも病院に連れていける体制を取る
    ▶ 嫁や私に風邪がうつる
    ▶ 我々がやられながらも24時間体制で息子の看病をする
我々は医者ではないので、どこまでが安心でどこからが危険だというラインがわかりません。具体的な例としては、座薬を何度の熱で使用するかという判断基準が挙げられます。

高熱があまりに続くと色々と弊害もありそうなので基本的に39℃以上の発熱が1時間程度続いて、かつ息子の元気が無ければ座薬を使用して熱を下げることにしていますが、そこで問題となるのが熱の計測です。

熱を測る為に必要なのは...

熱を測る時は体温計を使用しますが、とにかく動き回る息子の体温を測るのは至難の業です。最近では力も自己主張も強くなり、体温の計測はそれ自体が大イベントと言えます。

子どもが生まれる前にオムロン 電子体温計 けんおんくん わき専用 MC-682を購入して実際に使用していました。しかし、約15秒の測定時間の間ずっと抑えつける必要があり、号泣するので測定時間が永遠に感じるほどでした。



私や嫁がやられている中、息子の体温を定期的に測定する事は本当に苦痛でした。根本的に体温計を嫌がる息子に15秒ジッとしていろというのが無理な話なので、またしても技術の進歩とお金で課題を解決することにしました。

つまり、測定時間がとにかく短く非接触タイプの体温計の導入を検討する事にしました。

きっかけは、息子がお世話になっている医療機関でこのような測定時間が短く非接触タイプの体温計を使用していたことです。
その医療機関で使用していたモデルはすでに廃盤となっており、医療機器だけあって値段も高めでした。測定値はあくまで参考値なので精度はほどほどあれば良いので、




を購入することにしました。

ドリテック TO-400の使用感

20160724_173347
ドリテック TO-400を近づけると嫌がるものの、測定時間が約2秒と激速なので割と容易に計測が可能です。

精度については、MC-682と比較して測定値の違いが0.1~0.2℃程度と充分参考値として使用可能だと思います。但し、使い方(対象物までの距離と角度)に慣れるまでは測定誤差が大きいので注意が必要です。

オムロンの体温計も最初使用した時はその測定の速さに驚きましたが、言うことを聞かない子どもにとってはやはり長い時間でした。約2秒という測定時間、使用に耐えうる測定誤差、いまではドリテックの体温計が本当に手放せません。