息子が超高級車を手に入れました。

ジジが急に買うと言い出した「電動カー」

GW前のとある週末、久々に私の実家に行くとジジが開口一番「電動カーを買いに行こう」と言い出しました。いきなりの事に私は頭の中が???でしたし、息子も理解できずいらないと言っていたのですが、結局地元のトイザらスに出向きました。

確かに以前トイザらスに行った時に息子が欲しそうにしていましたし、2歳も後半になりおそらく操作は可能でしょうが、ジジの行動力・購買力には毎回驚かされます。

早速トイザらスで試乗会

トイザらスのホームページで電動乗用カーを検索すると、自動車タイプは10件程度ヒットするのですが、実店舗ではそのうちの半数程度が在庫として置いてあるようです。

息子は比較的体格が大きいので、大きめの電動乗用カーでもアクセルに足が届くようです。そこで、息子が選択に迷っていたので、その迷っていた4種類を全て試乗させる事にしました。

4種類が全て高級車でどれも見た目がカッコ良いので、彼はこれまで見たことが無いくらい真剣に考えていました。それにしても、電動乗用カーはどれもこれもバカでかく、屋内使用はまず考えられません。屋外にしても基本的に敷地内、ないし車の来ない路地程度でしか楽しむことができなさそうですが、そんな事ができるのは少なくても郊外~田舎でしょう。
IMG_5050 IMG_5053 IMG_5044 IMG_5040

選んだのはフェラーリF12

私はなんとなく最初からフェラーリだろうなと思っていましたが、案の定息子はフェラーリを選択しました。デザインというよりは、派手な赤色が心に刺さったようです。
DSC_1376
今回購入したのは、「トイザらス AVIGO 電動乗用 フェラーリF12」という製品で、トイザらス限定の玩具みたいです。
AVIGOという玩具メーカーはあまり馴染みがありませんが、どうやら中国のTsan Ching Ltd.という会社が製造し、トイザらスがAVIGOブランドとして輸入・販売しているようです。

お値段は約3万円と玩具として高いですが、約15万円もする電動乗用カーも存在するくらいですから安価な製品な部類と言えるかと思います。

対象年齢は3~8歳と表示されていますが、おそらく5歳くらいになると自転車などよりスピードの出る乗り物を愛用しているはずですし、そもそも小さくて乗れなくなると思います。

使用時間は、約半日充電して1時間程度の走行が可能と驚くほどに燃費が悪い車です。6Vの充電式バッテリーが搭載されているらしいのですが、後々容量が大きく高性能なバッテリーに交換する必要があるかもしれません。

フェラーリF12の組み立て

フェラーリと言えば、細部に至るまで手作業で製造されている(そして割と良く壊れる)事で有名ですが、我が家にも専属のクラフトマン(私)がいるので早速組み立てていきましょう。

と言ってもハンドル・シート・タイヤを取り付けるだけなのですが、本体重量が15kg程度はあるので割と大変です。ハンドルやシートは作りが甘いなと感じましたが、ネジ穴が大きくズレているという事も無く苦労せず取り付けができました。
IMG_5054
あとはタイヤを取り付けるだけですが、F1などを見ててもタイヤ交換のシーンが好きな息子はとにかく自分でやりたそうにしていたので、一緒に作業を楽しみました。
LEGOやラジコンのタイヤ交換で遊んでいる事もあり、何をしたら良いかきちんと理解しているので比較的スムーズにタイヤを取り付ける事ができました。
IMG_5066
組立作業を開始して約30分で完成しましたが、説明書によると最初は半日以上充電をしてから使用する事と記載してあるので、実際に動かせるのは翌日となりました。
それでも待ちきれない息子は、まだ動かせない車に乗って「ブーン」と言いながら妄想ドライビングをしばらく楽しんでいました。
IMG_20180331_152009_074

待ちに待った始動の時!

一夜明けて朝からソワソワしている息子ですが、先に幾つか用事を済ませる必要があり、昼過ぎにようやくエンジンを始動させる事ができました。

玩具とは言えきちんとキーがあり、挿して回すと「ブォォーン」と音が出ます。これが中々迫力のあるサウンドで、子どもでなくても気分が盛り上がる仕掛けです。それからシフトレバーで前進・後退を選択し、アクセルを踏むと動き出します。

息子にシフトレバーの説明をすると1回で理解できたのに驚きましたし、乗せてみると数回壁に当たったりはしましたが普通に運転する事ができていました。
DSC_1391
ちなみにiPodを接続して音楽を流しながら動かす事もできるので、大好きなカーズ3のサントラを聴きながら楽しそうに運転していました。

MAXで時速2kmと非常に遅いのですが、何かあると大変なのでビッタリ横にくっついて遊びましたが、危険を感じる様な場面はありませんでした。本来であれば車の来ない広大な駐車場でもあれば良いのですが、そこまでフェラーリを運ぶのが大変なので遊ぶ場所については今後の課題です。