Fire HD8を購入してみました。

Nexus7 ▶ Fire HD8

台所用として使用していたNexus 7がだいぶ疲れてしまったので、クックパッド専用機の入れ替えを検討していました。

当然性能は普通に使えれば問題無い程度で良く、中古を含め色々と見ていたところ新型Fire HD8が登場しました。プライム会員限定クーポンで激安だった上に、Amazonのサービスを多用している為親和性が高いと思い購入してみました。
20160923_180133

Amazon Fire HD8 を開封してみた

20160923_181336
コンビニとかで吊るされて売ってそうなパッケージだったので少し驚きましたが、内容物も不要なものは一切入っていないシンプルな構成です。

パッケージがシンプルだと開封の時のドキドキ感は減少することを知りましたが、最初だけですし安い製品なので仕方がありません。

Amazon Fire HD8 のファーストインプレッション

今回初めてAmazon謹製のタブレット端末を購入したのですが、ホーム画面(Fire OS全般)に慣れるのに時間がかかるかもしれないと感じました。
Amazonアカウントが紐付けされているので特段設定することもなく利用が可能な点は素晴らしいですが、Amazon系のアプリ以外は全然入っていないので初期状態では用途がかなり限定されます。

性能的には本当に最低限のスペックですが(RAM1.5GB、CPU1.3GHz)、Nexus 7と比較して特に問題に感じる様な事はありません。
動画鑑賞や読書、我が家のようにクックパッドを見る程度ならこれで充分事足りるのですが、現行機種のタブレットとして見るとやはり物足りなく感じると思うので、ガンガン使うのであればもう少し高級なタブレットをオススメします。
20160923_181943
先代クックパッド専用機であるNexus 7と比較すると、Fire HD8の大きさというかNexus7の小ささに改めて驚かされます。

Fire HD8を持ち運ぶ事は無いのですが、バッテリーは12時間程度持つらしいので本を読む時でも充電残量を気にかける事はないでしょう。
現状では本当に台所に置いているだけですが、今後子どもが大きくなるとプライムビデオをSDに保存しておいて外出先で見せるという事もできます。

注意点としては、AndroidベースのくせにGoogle Playに対応していないので普段使っているアプリの幾つかは使用できないという点です。
Fire OSに対応しているアプリがそれほど多くないことは、普段使いタブレットとしては致命的な欠点です。

性能的にもこのタブレットは用途をかなり限定しての使用となるはずなので、自分の使いたいアプリが使えればOKという割り切りができるかどうかによって評価はわかれるでしょう。
我が家の場合は、家族間のやり取りをGoogle Hangoutで行っているのでそれが使えないのが結構痛いところです。