【UPDATE_2011】70,000km到達






自分の車の走行距離記録を簡単にまとめています。

2020年10月 - 走行距離 70,000km

名称未設定 2
(2020年10月21日 70,000km到達、走行時に同乗者撮影)

総走行距離の増加ペースは、ほぼ一定で推移しています。年間では約2万km程度と、一般的な走行距離よりは多いものの昔から見れば随分と少なくなりました。

現時点の平均燃費は、
  • 10.91km/L(最高14.78km/L、最低6.73km/L、満タン法)
なお、60,000km到達時から70,000km到達時まではほぼ夏タイヤだったため、この期間の平均燃費は11.73km/Lでした。私の使用環境下におけるアルファードハイブリッドの燃費については、冬期で10km/L、夏期で12km/Lが1つの目標値となっています。
なお、従前から問題視している車載燃費計と満タン法での測定誤差について、現在は平均で5.5%の差となっており、相変わらず車載燃費計の数値はかなり良く表示されています。

トラブルに関して言えば、ワイパーのビビリ問題は対策品に交換する事で解決しました。現在問題となりそうな点は、ブレーキローターの錆が結構酷くなってきたためか、下り坂でジャダーが出ているのでローターとパッドを来年あたり交換した方が良さそうなくらいです。
PXL_20201020_230833326
今後大径ホイールを履かせるつもりはないので、ビッグローター化はせずに、純正品で良いかなと思っています。ただ、絶対的なブレーキ性能に少し不満があるだけに、いっそ高性能化するのも手ではあるので、次の年次点検の時までに色々調べておきたいと思います。

2020年04月 - 走行距離 60,000km

名称未設定 1
(2020年04月16日 60,000km到達、高速道路走行時に同乗者撮影)

アルファード ハイブリッドに乗り換えてから約1年が経過した、今年4月に一度まとめ記事を書いているので、最近の出来事など詳しくはそちらをご参照ください。



ここでは主に燃費性能について、簡単に記載していきます。50,000km走行後、PITWORK 燃料系洗浄剤 F-ZERO(ワコーズ F1 フューエルワン同等品)を使用し、冬場を迎えました。

現時点の平均燃費は、
  • 10.62km/L(最高13.31km/L、最低6.73km/L、満タン法)
やはり冬場を超えて、平均燃費は約1km/L低下しましたが、依然として10km/Lを超えているので客観的に見ればある程度満足すべき数字ではあるでしょう。

先程リンクした記事でも記載しましたが、冬場は20分程度の通勤で使っているとほとんどアイドリングストップが作動せず、平均燃費はかなり悪くなります。ちなみに、冬季間のほとんど市街地走行のみの燃費記録を抜き出すと、平均値は7.96km/Lでした。
逆に冬場でも郊外を走っている分には、夏場とそう変わらない燃費を記録するため、いかに市街地走行におけるアイドリングストップ機能が燃費に貢献しているかがわかりますし、ハイブリッド車がガソリンの力に頼るようになると途端に燃費が悪くなることを示してくれました。

さて、個人的にアルファード ハイブリッド最大の問題と思っている車載燃費計と満タン法での燃費測定誤差ですが、現在のところ平均5.8%ほど車載計の方が良く表示されています。
  • 11.23km/L(最高13.70km/L、最低7.20km/L、車載計)
この問題が一般的かどうかはわかりませんが、少なくても私にとっては解決すべき問題であり、どの様にしたら誤差を小さく出来るか思案しているところです。
また、ワイパーのビビリ問題もGW明けにはトヨタに連絡をして対処しなければなりませんし、TRD製などのパーツを入れるのはまだ当分先になりそうです。

2019年10月 - 走行距離 50,000km

MVIMG_20191020_213400
(2019年10月20日 50,000km到達、高速道路走行時に同乗者撮影)

例年夏場は走行距離が多くなりますが、今年も春から秋にかけての約半年で1万kmと概ね平均的なペースで走行しました。

現在、納車後に使用したPITWORK 燃料系洗浄剤 F-ZEROワコーズ F1 フューエルワン同等品)を注文しているところで、届き次第給油後に合計3回注入したいと思います。(車購入直後に使用したため、効果の程は全くわかりません。)

現時点の平均燃費は、
  • 11.56km/L(最高13.31km/L、最低9.08km/L、満タン法)
この数字はCR-V(DBA-RM4)の生涯平均燃費に対し、約22.5%も良い数字です。3列シートのLクラスミニバンとしては、満足するべき数字ではないでしょうか。

郊外では望外の燃費を叩き出してくれますが、やはり高速では思ったほど燃費が伸びていません。特にクルーズコントロール使用時の燃費は、正直言って「悪い」と言えるほどです。
また、前回の更新時にも指摘していますが、満タン法の燃費と車載計の燃費では、やはり車載計に表示される燃費数値の方が5%ほど良く表示されるようです。
これに関しては、セルフでもスタッフ給油(異なるスタンドで数回)でもほぼ変わらないので、元々の誤差だと思います。

これからアルファードと迎える初めの冬が到来しますが、暖機運転と影響や降雪時の燃費悪化がどれほどか非常に興味があります。仮に冬期に平均で10km/Lを超えるのであれば、ハイブリッドは本当に優秀だと認めざるを得ないでしょう。

来年の夏期は一定期間ECOモードを切って燃費比較をしたいと思いますし、幾つかアップデートパーツの投入を視野に入れており、久々に車についてアレコレ考える時間が出来て楽しい日々になっています。

2019年04月 - 走行距離 40,000km

IMG_20190430_152339
(2019年4月30日 40,000km到達)

納車(3/10)以降、地方出張が多くGWに嫁さんの実家に行ったために、2ヶ月弱で3,000km程度走ることになり、総走行距離が4万kmとなりました。

中古車という事で少しでもケアをする必要があると感じ、納車からこれまでの間はPITWORK 燃料系洗浄剤 F-ZEROワコーズ F1 フューエルワン同等品)を給油毎に合計3回注入した後にオイル交換を実施しています。

CR-V(DBA-RM4)の生涯平均燃費は9.44km/L(最高15.57km/L、最低5.49km/L、満タン法)でしたが、車体が大きくなりつつもハイブリッドとなったアルファードハイブリッドの燃費は、
  • 10.84km/L(最高11.95km/L、最低9.08km/L、満タン法)
これまでの傾向として感じるのは、
  • 市街地 : 10km/L程度
  • 郊 外 : 15km/L程度
  • 高 速 : 12km/L程度(80~100km/h)
  • 高 速 : 10km/L程度(クルコン使用時、前走者有)
納車からこれまでずっとECOモードにしており、最も燃費良く走れるのは郊外の快走路で、平坦路が続くシチュエーションでは20km/L以上で走り続けてくれます。
高速道路や一般道の上り坂は、車両重量に対してパワーが少ないのでアクセルを踏み込む量が大きくなり、結果として燃費はあまり伸びていきません。もしかするとそういった場面では、ECOモードを解除した方が良いかもしれないので、今後試していきたいと思います。
また、高速道路ではクルコンより自分で操作した方が燃費が良い傾向にあり、この点についてはCR-Vと全く逆の印象となりました。

CR-Vの時は車載燃費計と満タン法の誤差がわずか0.7%でしたが、アルファードハイブリッドでは5%も車載燃費計が良く表示されており、以前よりも燃料残量を気遣う必要がありそうです。

2019年03月 - 走行距離 37,065km

関連記事に記載の通り、2019年3月にCR-V(DBA-RM4)からアルファードハイブリッド(DAA-AYH30W)に乗り換えました。

人生で3台目の愛車となったアルファードハイブリッドは、人生初の中古車です。購入時の総走行距離は37,065kmで、年間1.5万~2万km程度走行する私にとってはかなり走行が少ないと感じました。

また、初めてのハイブリッドカーという事でこれまでと色々勝手が違う事もあるかと思いますが、基本的には重大な故障が無い限り乗り続けるつもりですし、長い付き合いをしたいと思います。