苫小牧市にあるイオンモール苫小牧で素晴らしい企画が実施されています。

イオンモールウォーキング

苫小牧では駅からの無料バスを利用し、若者からお年寄りまで暇だとイオンモールに行く習慣が確立されており、特に冬場はモール内を歩いて運動するお年寄りを多く見かけます。

そんなイオンモール苫小牧でイオンモールウォーキングという企画が始まりました。
健康で暮らしやすいまちづくりの促進の為、施設内を歩き回り指定の場所にタッチする事でイオン健康ポイントが貯まり、イオン健康ポイントはWAONまたはとまチョップポイントに変換できるという仕組みです。

とまチョップポイントに変換できる

イオンモールウォーキングがイオンの集客の為だけでは無い理由が、このとまチョップポイントとの連携にあると思います。

ご当地WAONの地域共通ポイント機能を活用したのが「とまチョップポイント」ですが、地域共通ポイント事業の一環がこのイオンモールウォーキングととても親和性の高いコンビです。
この企画では1イオン健康ポイント = 1とまチョップポイントと還元が高く、とまチョップポイントを地域の商店で使用すればイオンと地域がWIN-WINの関係が築けるので市民にも受け入れられていると思います。

苫小牧市にはイオンモールが誕生する前から商店街の空洞化が始まり、今やほぼ何もない状態になりましたが、駐車場もロクに無く、魅力的な商品もなく、近隣に大規模な住宅街があるわけでもない商店街がこのご時世で生き残れるわけはありません。
とまチョップポイントはそんな商店街に活気を取り戻すツールの1つであり、イオンとしても地域の元気が無いと商売にならないとの判断から、このような事業を実施するに至ったのだと推察します。

実際に試してみた

個人的にこれは非常に画期的な取り組みだと思ったので、苫小牧に行った際に寄ってみました。

車をモールの端に停め、1Fを逆端まで歩き、2Fに上がり車の方に戻るというルートで歩いてみました。1歳半の息子を連れ、色々と見ながらで1時間程度の時間を潰すことができました。
20170128_15220220170128_152215 
参加者の多くが子どもかお年寄りで、実際にやってみると安全で快適なモール内は子どもの散歩にピッタリな場所だと感じました。
北海道内でイオンモールウォーキングを行っている店舗は他にないと思いますし、全国的にも先進的な取り組みだと思いますので、期間限定では無く通年で開催して欲しいと思います。

【追記1711】2017年も開催されています!

先日苫小牧に行った際、イオンに行ってみると今年もイオンモールウォーキングが開催されていました。昨冬に続いての開催となりますが、冬の時期に開催されるのは非常に良いですね。
DSC_0595

2017年の開催概要はコチラ
3c064a2255a33836bfb859d8135635b4